2004年10月31日

イラク・・・

香田証生さんが殺害されてしまった…。
無念だったろうに…。
香田君のご冥福をお祈りいたします。

賛否両論あるかと思いますが、自分は対応が間違っていたと思っております。
極端ですが、百万人規模の都市に核爆弾を爆発させるとの要求に
テロには屈しない→核爆弾発射。
じゃあ洒落にならないと思います。

現時点で、イラクに大量破壊兵器が見つからなかったわけですから
戦争は間違いだったという事。
自衛隊は復興支援という名目で行っていますが、
果たして人間一人の命と引き換えにイラクに居残る大義名分はあるのでしょうか?
12月には自衛隊復興支援期限が切れますが、
1、2ヶ月早く撤退しても問題なかったと思います。
撤退してまた、行けばいいじゃないですか。
お金なんか掛かっても、嘘つき呼ばわりされても,
命には変えられないと思います。
政府は見殺しにしたと言っても言い過ぎではないと思います。

自分は甘いのでしょうか…?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lamiel_blog/8727138
この記事へのトラックバック
「今自衛隊を引き上げたらテロに屈することになる」          そうなれば 「今後も要求と引き換えに人質をとられることになる」           ゆえに 「人質をとられても要求をかなえないこと」            が 「今後人質をとられないこと
反論→香田さんを殺した日本人へ【「裸の王様?」】at 2004年11月01日 00:02
この記事へのコメント
まったくそのとおりだとおもいます。

誰か、人を一人見殺しにしても自衛隊を派遣する意味を教えてほしい。
誰か、人を見殺しにした政府を前に予定通りの番組を流し続ける
メディアの正当性を教えてほしい。

ニュースで取り上げる時間、とことの重大性は必ずしも一致しない。

一人ひとりがこの事件の大きさを決め、考える必要があるとおもう。
Posted by 裸の王様 at 2004年11月01日 00:09